[スポンサードリンク]

看護師の向き不向き [看護師]

看護師にはどんな性格の人が向いていてどんな性格の人が向いていないんでしょうか。

看護師に必要なのは病気や怪我の患者さんを癒やしてあげたいという強い気持ちです。性格や能力の向き不向きはあまり気にすることはありません。

病気の患者への思いやりの心はもちろん必要ですが、それだけで看護師は勤まりません。

看護師は人の生死に携わる仕事です。死と向き合いながらも死と付き合っていく強い精神力や冷静さが必要となります。
他には夜勤に耐える体力、医師や患者と意志の疎通をはかるコミュニケーション能力、確実に仕事をこなす繊細さと集中力、進歩し続ける医療技術を学ぶ向上心、生死と向き合う精神力、最後まで仕事をやり遂げる責任感などなど。看護師にはいろいろな能力が必要となります。実際、必要な能力は病院や働く科の環境や患者層によっても変わってきます。

向き不向きを気にする人がいますが、最初から看護師としての資質を全て持っている人なんてほとんどいません。必要な資質は看護学校で学びながら、看護師として働きながら自然と身についていくものです。
看護師の性格も様々です。気が強い人もいますし気の優しい人もいます。出先が不器用な人だっています。

看護師は気が強い、偉そうにしていると言われることもありますが、時には患者に対して強く言わなければならないこともあるのです。元々気の強い人もいなくはないですが、みんな自然と強さが身についているのです。

向き不向きはあまり気にせず、看護師になりたいという強い気持ちがあれば看護師としてやっていくことはできると思います。


[スポンサードリンク]

共通テーマ:求人・転職