[スポンサードリンク]

ブランク空けての復職、再就職 [看護師]

看護師の方は一度看護師を辞めた後ブランクを空けてから看護師に再就職する方が多くいます。

理由は結婚して子育てが一通り落ち着いてから復職するケースが多いです。住むところに限らず、給料も一般の事務職に比べても高く、いつでも求人がある看護師ブランクを空けても再就職しやすい環境にあるといえます。

しかし、ブランクを空けての再就職に不安をいただく元看護師の方は多いです。

理由はブランクの間も進化を続けた医療技術についていけるかが不安の大きな要素です。確かに医療技術は常に進化を続けており、数年前の常識が通用しなくなることもあります。ブランクが長いほど、復職した際に医療技術の進歩に驚くことも多いです。

ブランクを空けての再就職の場合、重要なことは、それまでのキャリアにおごることなく、新人の気持ちで勤務に望むことです。望む気持ちがあれば働いていく中で知識や技術は追いついてきます。周りの看護師もサポートしてくれます。
子ども3人を育て、ブランク10年で復職する看護師もいます。ブランクと年齢により体力も衰えているので夜勤がないところを選んだほうがいいです。

後はできるだけ教育体制が整っている病院を選ぶほうがいいです。
近年は病院や看護協会、ナースセンター、などが看護師の再就職を支援するための再就職セミナーなどを開催して最新医療機器の説明をしてくれています。


看護師は常に人材不足の業界です。ブランクがあっても資格と経験を持つ看護師は医療業界から必要とされています。元看護師の方は、ブランクがあるからと言って諦めずにもう一度看護師として働いてみてはいかがでしょうか。


[スポンサードリンク]

共通テーマ:求人・転職